AGA治療を受けるには、AGA専門のクリニックと一般病院の2択で選ぶことができます。
AGA専用のクリニックは一般病院の2倍ほどの費用がかかりますが、その分薄毛に特化したカウンセリングや細やかな治療を受けることができます。
薄毛の状態やクリニックによっても変わってきますが、費用相場はAGAクリニックで月2万円程度、一般病院で1万円程度です。
保険が効かないので治療費の割引がまったくありませんが、その割には安いと感じる方が多いかもしれません。
薄毛改善の方法には植毛と薬による治療がありますが、上記の金額は薬による治療の場合のものです。

 

植毛してしまえばすぐに薄毛が治ると思われるかもしれませんが、植毛ににはデメリットがあります。
まず一つは費用が高いということ。
数十万円から百万越えの費用がかかります。
また薄毛の原因となる、体内のホルモン分泌を改善することはできていないため、植毛後も薄毛が進行する可能性が高いです。
傷跡が残るため、スキンヘッドや坊主頭にしにくくなるというデメリットもあります。
再び薄毛が進行した場合に、その部分に植毛しなければないというのは頭皮への負担と費用の掛かる作業です。
そのため、できることなら薬で薄毛の根本的な原因を解決するのがベストです。

 

男性の薄毛の根本的な原因になるのは、ジビドロテストステロンという悪玉の男性ホルモンによるものです。
したがって、ジビドロテストステロンの働きを抑えることが男性の薄毛治療の基本になります。
薄毛治療に使われる薬の主要な成分として、ミノキシジルやプロペシアがあげられます。
これらの薬の薄毛改善効果は高いと口コミで紹介されることが多々あります。

 

しかしデメリットとして性欲減退やヒゲなど体毛の増加といった副作用が報告されています。
性欲減退については薬によって悪玉男性ホルモンであるジビドロテストステロンと同時に、善玉男性ホルモンであるテストステロンも低下させてしまっているためです。
ヒゲなどの体毛の増加については、発毛成長因子を活発にすることによって、髪の毛以外の毛も成長させてしまうためです。
AGA対策として思い切って坊主頭やスキンヘッドのするという方法が考えられます。
しかし自分の中で坊主やスキンヘッドは似合わないという問題があったり、髪の毛があった方が女性受けが良いということもあります。
薄毛に悩むが思い切りよくもなれないという方は、薄毛治療で自信を持ちましょう。