薄毛治療の方法として、専門のクリニックに行く場合もありますが、治療薬を使用する方法が安価で手間も少ないです。
また植毛などと違い、体内のホルモンに作用する治療法であるため、自然に髪を生やすことができます。

 

薄毛治療薬としてもっとも有名なものはプロペシアという製品です。
プロペシアには薄毛の原因であるジビドロテストステロンの分泌を抑える作用があります。
口コミなどでも高く評価されている商品です。

 

しかしこの商品の使用上の注意にも記載されているのですが、妊婦がこの薬を飲むのはもちろん、触れることも厳禁です。
妊娠中の体内にいるあかちゃんが男の子であった場合に、ジビドロテストステロンの影響を受けて性器の形成に障害が発生する可能性があるためです。
そのため妻が妊娠中のときに旦那が薄毛治療薬を飲むこと自体は問題ないのですが、万が一妊娠中の妻が薬に触れてしまった場合に取り返しがつかないことになる可能性があるので要注意というわけです。
またその他のデメリットとしては、プロペシアでジビドロテストステロンを抑制することによって、性欲の減退、場合によってはEDになる可能性もあるということです。

 

ジビドロテストステロンはテストステロンと同様、男性ホルモンと言われる男らしさを司るホルモンです。
このホルモンの分泌によって薄毛を招いてしまっているのですが、性欲を活性化させるという必要な働きをもっているのも事実です。
すでに妻が妊娠していれば問題がないと言えばないのですが、性欲の減退により夫婦の営みが減る可能性はあります。

 

妊娠前の子作り段階の話では、プロペシアは基本的に子供への悪影響はありません。
しかしそれは用法用量を守って飲んだ場合の話です。
薄毛治療を焦るあまり、用法用量を守らずに薬を摂取するようなことを万が一していた場合、そのときにできた子供に悪影響が出る可能性はあります。
通常は薬の成分が精液に影響することはないのですが、その通常を逸した分量の薬を摂取していた場合はこの限りではありません。

 

そもそも妊活中でなくても用法用量を守らず薬を飲むメリットはありません。
体が吸収しきれずに無駄になるだけです。
ましてや妊活中は絶対に用法用量を守る必要があります。
妊娠中の人が万が一薬に振れてしまったときは、すぐに医者に相談する必要があります。
すぐに体から成分を摘出することで対処できる場合があります。
こうならないためにも、ベストなのは妻の妊娠中だけは薬の服用を辞めるということです。