もしも薄毛を発症したならば、薬局などで購入できる市販薬にて育毛ケアするだけでなく、病院などでも専門の薄毛治療を受けることが可能です。
AGAに関して言えば近所の内科や皮膚科、外科などのクリニックでも治療可能です。
しかし専門性を求めるのであれば、治療体制の完備された薄毛治療専門クリニックを受診して徹底して治療してもらったほうが良いでしょう。

 

これらのクリニックを受診する人の中にはAGAという病気を発症している人が多く、薄毛治療薬もまたAGA治療をメインとしたものとなります。
ここでまず使用されるのがフィナステリドという成分を含んだ飲み薬です。
そもそもこのフィナステリドは前立腺肥大症の治療薬を開発する中で、偶然にも発毛作用が認められたことから急速に開発が進んだ薄毛治療の特効薬です。
これを一日一錠ずつ服用すると、男性ホルモンとともに反応しやすい頭皮の5αリダクターゼという成分の働きが抑制され、これによって頭髪の成長を妨げる物質が分泌されるのを防ぐことができるようになります。

 

その効果は人によって様々ですが、早い人だと数週間ほどで頭髪に変化が見られ、また遅い人ならば効果が出るまでに半年から1年ほどかかる場合もあります。

 

一方、外用薬タイプの薄毛治療薬も存在します。
これはミノキシジルという成分を含んだ育毛剤で、これを薄毛の進んだ部位に使用すると毛細血管が拡張されます。
その中を通り血液の量が増えることで、それに乗って運搬される栄養分の供給量も上昇するという効能が得られます。
AGAを始めとする薄毛症状に苛まれる人の多くは血行不良になって栄養分がしっかりとは行き渡らなくなることが多いもの。
その点、フィナステリド系の飲み薬で環境を改善し、なおかつミノキシジルを使ってしっかりと栄養分が補充される体制を作り出すことによって大きな改善効果が得られるでしょう。

 

また、病院ではその他にも様々な薄毛治療が行われます。
例えば発毛因子や栄養分を混ぜ合わせたエキスを頭皮に注入して発毛効果を得るという手法があります。
また自身の頭髪細胞を採取して培養する再生医療を応用した手法、さらには自毛を採取して薄毛部分に定着させるという植毛施術も行っています。

 

いずれも費用の面や頭皮環境などの面で向き、不向きがありますので、まずは自分に適しているかどうかを医者の意見も交えてしっかりと考えた上で最終決定を下すことが求められます。
施術後もこまめな診察を受けることで必ずや改善効果が得られるでしょう。